力作! ちから、入ってます!

力作! ちから、入ってます!

画像の現場は、指定文化財の古屋敷で御座います。 通常、建物全般、建設するとき、部屋の曲がり、壁の曲がり、柱のズレ等、99.9%部屋には、歪みが出て来てしまいます。 しかし、今回は、時代モノの建物ですので古い分なおさらのこと歪みがある和室の新規畳製作、完成画像をご紹介させていただきます。

20130424-220527.jpg

20130424-220720.jpg

20130424-220744.jpg この角度からご覧頂くとわかりますかね?

20130424-221913.jpg 畳と板の間の間仕切り(境い目)が曲がっているのが。 こう言うのって計算して寸法を出して普通に製作しても、隙間なくピッタリ納めるのって難しいです。 だからと言って、ただ、パズルの様に和室という枠の中に隙間なく納めれば良い訳でもなく、お部屋の歪みがわからない様に、カッコ悪く見えない様に(消して誤魔化すとか、誤解しないで下さいね。)その和室を美しく感じれる様に仕事をさせて頂いております。 ので、お部屋の畳がどれも皆、パズルの様に同じ場所、同じ向きにしか納まりません。どの畳もその場所で、日々ちゃんと皆さんの健康と安心の為に、役割を果たしているのです。
ギャラリー一覧に戻る。